「歯科矯正治療中のクリーニング」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU 

  • 2020.01.29 Wednesday
  • 21:20

矯正治療中のクリーニングです。

 

矯正治療中は装置が付いていることによりプラークコントロール不良が見られます。この患者さんは歯茎部のプラーク付着、発赤、出血が見られます。

20200127_134741303759.jpg

 

犬歯の歯周ポケットを探針で軽く触ると、プラークが出てきます。

20200127_134820509632.jpg

 

出血も多く歯肉が腫れています。

20200127_134828284074.jpg

 

プラークを取り除き、エアーをかけるとミラーで縁下歯石が確認できます。

20200127_134947329788.jpg

 

マイクロスコープの角度を変えて、拡大します。エアーをかけないと何も見えません。

20200127_135055698158.jpg

 

エアーをかけると辺縁の歯石が確認できます。

20200127_135047990450.jpg

 

歯肉を傷つけないよう、ハンドスケーラーで縁下歯石を除去していきます。

20200127_135251780910.jpg

 

歯石除去後です。

20200127_135348470935.jpg

 

上顎右側第一大臼歯を便宜抜歯しているので、犬歯のお手入れが難しくなったと考えられます。この口腔内の状況を説明し、患者さんのお手入れの工夫や動機付けを行います。

 

ご参考までにどうぞ。

 

「縁下歯石・歯科用マイクロスコープ歯石除去」東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU 

  • 2020.01.09 Thursday
  • 22:30

皆さんは定期的に歯の歯石をとりに歯医者さんへ通っているかと思います。

では、歯周ポケットの中のついてる歯石をどのように除去しているか見たことがありますか?

 

当院では歯科用マイクロスコープについているカメラで処置中の動画を全て録画して保存しています。歯石をとったあと、その動画を見ながら患者さんに口腔内の状況を説明しています。

 

 

下顎小臼歯部の隣接面に付着したプラーク(細菌の塊)です。歯科用ミラーで見ています。

このプラークが歯にずっとついたままでいると歯の表面が溶かされ、エナメル質に穴があいて虫歯が進行します。

さらにプラークがついたままですと細菌が増殖して本来キュッと締まっている歯周ポケットのバリアをやぶって侵入し、歯周病が進行していきます。

定期的に行う歯のクリーニングはこの虫歯と歯周病の原因となるプラークと歯石を取り除くことが第一の目的です。

歯科用マイクロスコープ 歯科衛生士

 

 

こちらの歯はエアーをかけると歯周ポケットの中に直径1mm弱の縁下歯石が見えます。お手入れが良いので、歯周ポケットはしっかり締まっていますし、肉眼では絶対にみえません。

歯科用マイクロスコープがあって、更にしっかり歯周ポケットのなかにエアーをかけて初めて発見することができる歯石です。こんなに小さな歯石でも数年このままであれば、歯石がさらに歯周ポケットの深いところに付着していき細菌が溜まる温床となるので歯周病を進める原因になります。

歯科用マイクロスコープ 歯科衛生士

 

 

歯石が確認できたところで、この歯石を柔らかい歯肉を傷つけずどうやってとるか考えます。

歯周ポケットの幅は約1mm、縫い針の先と同じくらいの太さの器具を使って除去することにしました。

歯科用マイクロスコープ 歯科衛生士

 

 

器具の先を縁下歯石に引っ掛け歯石を除去します。この歯石は肉眼では見えないですし、歯石を取ることも、取ったことを確認することもできません。

歯科用マイクロスコープ 歯科衛生士

 

 

歯面の状態を確認。縁下歯石がとれたことがわかります。

歯科用マイクロスコープ 歯科衛生士

 

 

同じ歯を今度は舌側からエアーを吹いて確認します。

歯科用マイクロスコープ 歯科衛生士

 

 

舌側の歯周ポケットの中に縁下歯石が付着しています。

歯科用マイクロスコープ 歯科衛生士

 

 

縁下歯石除去後です。

歯科用マイクロスコープ 歯科衛生士

 

 

こちらは上顎の前歯です。

上唇小帯の付着位置から解剖学的に歯周ポケットがゆるく、縁下歯石がつきやすい形態をしています。

歯科用マイクロスコープ 歯科衛生士

 

 

両刃の器具で歯石を取ります。歯面の歯石にだけ刃を当て、歯肉には刃がふれないよう細心の注意を払います。

歯科用マイクロスコープ 歯科衛生士

 

 

縁下歯石を削り取っています。

歯科用マイクロスコープ 歯科衛生士

 

 

縁下歯石除去後です。歯面は脱回によりエナメル質が粗造になっています。

歯科用マイクロスコープ 歯科衛生士

 

当院では歯科衛生士が歯科用マイクロスコープを使い、歯を一本ずつ歯周ポケットの中まで丁寧に観察し、歯のクリーニングをおこなっています。

 

医療保険制度や医院のマニュアルではなく、自分の頭で患者さんの何がベストなのか考え、それを実行できる歯科衛生士のいる歯科医院にいきましょう^^

 

「謹賀新年 2020年」

  • 2020.01.05 Sunday
  • 23:50

明けましておめでとうございます。皆様、今年も宜しくお願い致します。

 

年末年始は毎日、普段なかなか会うことのできない友人、親戚や兄弟とお酒を飲みながら、ゆっくり過ごしていました。

幸せなことに、私の祖父母は4人とも健在で自立して生活しています。

毎年、新年の挨拶と一緒に曽祖父、曽祖母のお墓詣りに行きます。曽祖父は享年97歳、曽祖母は享年96歳でした。二人とも老衰で亡くなりました。明治生まれで大きな病気もせず長生きした二人のことを考えると、長生き家系なんですね。今、一番年長の祖父はもうすぐ89歳です。まだまだ元気で長生きしてくれそうです ^^

祖母がこんなことを言っていました。「年取ると食が細くなるでしょ。食べる楽しみはそこそこになってくる。そうすると自分の孫やひ孫たちがどうしているか話を聞くのが一番の楽しみなのよ〜。」なるほどと思いました。最後まで残る本能は食欲です。命尽きるその日まで、自分の歯でご飯が食べれるように歯を残していくことが大切です。ただ、それ以上に家族との繋がりが生きがいになってくるんだな〜と。

患者さんにも家族や周りの人を大切にして生きていって欲しいです。老いた時、生きがいを感じるとこができるのは、「人」でしかないんだと。いつかそんな話ができる歯科衛生士になれるよう、今年もお仕事を頑張っていきたいです。

 

当院は1月4日から診療が始まりました。

私が担当させて頂いている40代男性の患者さんのメンテナンスがありました。今の患者さんの問題点、今後患者さんの口腔内で何が起こってくるかなど頭をリセットして考えます。専門家として私にできること、患者さんに伝えるべきこと、歯科医師に伝える必要があること、たくさんのことを考えながら処置を行なっています。

また、歯科用顕微鏡は歯周ポケットの中を見ることができます。根面の形態も見ることができます。見えた歯石を除去するのはものすごい集中力と技術が必要です。毎回自分の技術力の不甲斐なさに落ち込みます。落ち込んでもしょうがないのでまた前を向いて頑張るわけですが…。ほんと技術職って辛いです。笑  

今回も歯科衛生士のnaomiさんにご指導いただき、歯科衛生士としてどうするべきか学ぶことができました。いつもありがとうございます。

 

なんだか、何が言いたいのかわからない文面になってしまいましたが、今年も周りの人を大切に感謝して後悔のないよう生きていきましょう!!

 

calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
<< February 2020 >>

【Advanced Care Dental Office】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM