「脳科学の基礎12」課題指向型訓練とTOT(task-oriented training)東京顕微鏡歯科診療専門歯科衛生士YU 

  • 2019.08.07 Wednesday
  • 13:03

課題指向型訓練

やるべき課題が明確であり、本人が必要としている課題、その人のライフスタイルに合ったリハビリをいいます。

例えば上肢麻痺の訓練として、単純作業であるダンベルの筋トレはすぐに飽きてしまします。ダンベルを何キロ持ち上げられるようになったからといって、その後帰宅して実生活に応用できないのであれば、ダンベルを持ち上げるリハビリをする意義さえ疑問が出てきます。

そこで医療側が、患者さんの生活に組み込める課題を分析して、課題設定をします。お料理をするためには、ダンベルの筋トではなく、実際まな板と包丁を人参を準備して、人参をきる練習をします。こうすることで、患者さんのモチベーションが上がり、リハビリに意欲がでます。

 

TOT(task-oriented training)

コクランレビューにおいて麻痺上肢の機能に関わる有意義な神経可塑性を促進するための中等度の質のエビデンスに基づく介入の1つ。亜急性期におけるTOTの効果として、従来のプログラムより運動機能が向上した研究データがある。しかし私生活での使用の変化は不明。

 

課題指向型アプローチを構成する要素

1目標のない単関節運動や単一面のみの運動課題は行わない

2病院と自宅で使っているものを一致させる

3能力に合わせる

4徐々に荷重を増やしていく(スピード、重量)

5課題は多様に提示する

6適切なフィードバックを与える(何ができないのか自分で振り返らせる)

7複数の関節自由度を要する運動を課題とする

8対象者の運動パフォーマンスに対する特定の情報を与える

9対象者個人の治療ターゲットに適した運動負荷の課題を提供する

10課題はランダムに提示する

11課題に費やす時間は分散して行う

12両手を用いる課題を取り入れる

 

Motor activity 主観評価

生活の中で発症前が100%できていたとして、今の自分は何%できているかフィードバックさせる。患者さんが振り返って考えるいい機会になる。使用頻度(AOU)、動作の質(QOM)の2つの視点から考え、不使用〜不十分〜正常等のスコアをつけていく。手が動くだけでは意味がない。実際に生活で使えることに意味がある。

 

歯科衛生士の口腔衛生指導も「課題指向型アプローチ」と似たような考えで患者さんに衛生指導しているのではないでしょうか。

明確化した戦略をしかっり立てて、人生の中で随時変化していく患者さんに必要な課題をいち早く発見し、その課題に対して、どうしたら患者さんのモチベーションを上げられるのか、そして実行してもらえるのか。

開業医では急性期の患者さんが来院することはほとんどないので、医科とは違い歯科衛生士は長期においての戦略を立てる必要がありますね。明日からまた頑張りまります!!

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

【Advanced Care Dental Office】

東京超高画質マイクロCTスキャン顕微鏡歯科治療専門 初診受付03-5638-7438 月曜~金曜9:00am~4:30pm (不定休)1日数名限定・完全予約制・全個室。同時並列診療なし。歯周病治療・根管治療・虫歯治療すべて顕微鏡歯科治療、ラバーダム防湿法。

顕微鏡専門歯科衛生士

selected entries

categories

archives

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM